ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

旧(財)小平記念日立教育振興財団子育て支援施設

初代理事長 駒井健一郎 (鞄立製作所 第3代社長) は、世の中忌まわしい事件を憂い「教育の原点は家庭にある」そのため幼い頃から躾教育を行い、モラルをわきまえた大人になるための手助けを財団の家庭教育振興事業として行なうため、日立市と横浜市に「幼児教室」「母親教室」が同時に受けられる施設を開設しました。(2〜3歳児とその母親を対象とした週1回1年間のプログラム)

1974年設立 (2015年3月末閉鎖)
「日立家庭教育センター」(日立市)
1978年設立 (2015年3月末閉鎖)
「日立家庭教育研究所」(横浜市)

このたび、当財団の事業の一環として運営してまいりました、日立家庭教育センター(日立市) 並びに日立家庭教育研究所(横浜市)を、平成27年3月31日をもちまして閉鎖することになりました。皆様には、当施設に対しまして多大なご支援を賜りありがとうございました。両施設とも設立後約40年が経過し、「子育て支援」の仕組みが、設立当初から大きく時代が変化して来ているため、現代社会のニーズを捉え、新たな家庭教育振興事業を展開し、引き続き子育て支援に取り組んでまいる所存でございます。これまで同様ご指導ご支援を賜われば幸甚に存じます。これからも、よろしくお願い申し上げます。