ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

第5回「環境NPO助成」
受領団体による活動報告会 (実施報告)

活動報告会の様子

2016年7月9日(土)、東京中央区の東京スクエアガーデン内、中央区立環境情報センターにて、第5回目の活動報告会を開催しました。
「環境NPO助成」は、環境分野で活動するNPOや市民団体を支援する目的で2002年〜2016年まで行っていた助成金プログラムです。今回は、第13回(2015年)〜第14回(2016年)の助成金を受領した11団体から、国内外における幅広い分野の活動成果報告がありました。口頭発表の他、会場には写真パネルや資料による展示も行われ、屋外では助成テーマ「次世代ベアドッグ育成・普及プロジェクト」(NPO法人ピッキオ)より、軽井沢から来てくれました、ベアドッグのタマちゃんの紹介もありました。

会場には発表団体の他、過去の受領団体、助成事業を行っている他の財団の方々の参加があり、報告会後に開催された交流会は、NPO/NGOの相互交流だけでなく、助成金に関する情報交換や財団・企業との連携に向けたネットワーク作りなど、和やかな雰囲気のもと親睦が深められました。

各団体の報告内容は以下よりご覧いただけます。
また、発表資料を纏めたプログラム冊子は残部がある限り無料で提供いたします。ご希望の方は財団事務局までご連絡ください。

プログラム冊子

プログラム冊子お問合せ先

公益財団法人 日立財団
〒100-8220 東京都千代田区丸の内1-6-1 丸の内センタービル12階
電話 03-5221-6677 / FAX 03-5221-6680

活動成果報告(発表順)

発表1 認定NPO法人 環境文明21

認定NPO法人 環境文明21の報告の様子

活動テーマ

「グリーン経済」概念の地方への展開活動

発表2 特定非営利活動法人 富士山測候所を活用する会

特定非営利活動法人 富士山測候所を活用する会の報告の様子

活動テーマ

富士山頂を利用した越境大気汚染に起因する降水の酸性化機構の解明

発表3 NPO法人 エコツーリズムセンター

NPO法人 エコツーリズムセンターの報告の様子

活動テーマ

獣皮利用による地域活性化
〜モデル地域支援及び、学生共同による販路調査と商品開発〜

発表4 特定非営利活動法人 ピッキオ

発表5 特定非営利活動法人 棚田LOVER's

特定非営利活動法人 棚田LOVER'sの報告の様子

活動テーマ

棚田保全を通じた都市と農村をつなぐ、循環型経済社会実現プロジェクト

発表6 特定非営利活動法人 日本森林ボランティア協会

特定非営利活動法人 日本森林ボランティア協会の報告の様子

活動テーマ

市民参加による切捨て間伐財の利活用モデルづくり

発表7 特定非営利活動法人 海の森づくり推進協会

特定非営利活動法人 海の森づくり推進協会の報告の様子

活動テーマ

発表8 NPO法人 おおいたの水と生活を考える会

NPO法人 おおいたの水と生活を考える会の報告の様子

活動テーマ

限界集落・山間集落向け小規模給水施設の開発と運用の研究

発表9 日本国際ボランティアセンター

日本国際ボランティアセンターの報告の様子

活動テーマ

森林再生・保護活動による自然資源管理プロジェクト

発表10 特定非営利活動法人 森ノオト

発表11 ジャパン・フォー・サステナビリティ

ジャパン・フォー・サステナビリティの報告の様子

活動テーマ

地域の持続可能性と幸福度に及ぼす地域経済の影響に関する理論と事例の研究および情報発信

資料1 市比野温泉地域活性化協議会

活動テーマ

自然エネルギー活用によるエコ観光地づくり

資料2 認定特定非営利活動法人 気候ネットワーク

活動テーマ

地域エネルギー自立推進のための「日本版クオリティ・マネジメント」の提案

資料3 日本工業大学樋口佳樹研究室(任意団体)

活動テーマ

被災地および発展途上国での利用を想定した太陽熱活用コンポストトイレの開発

資料4 特定非営利活動法人 ManGlobal

活動テーマ

世界北限域の「南西諸島マングローブ」全域調査

会場の様子など

左上:会場の様子
右上:ベアドッグのタマちゃん紹介(NPO法人ピッキオ)
左下:交流会の様子
中央下:パネルと資料による活動報告(特定非営利活動法人 ManGlobal)
右下:過去の受領団体よりその後の活動成果報告(NPO法人グローイングコーラル)

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。