ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

概要

社会が加速度的に変化し将来の予測が困難な時代、子供たちには、変化に受け身で対処するのではなく、自ら問いを立ててその解決をめざし、他者と協働しながら新たな価値の創造に挑む、未来を切り開いていく力が求められています。

次世代を担う理工系人財育成支援に取り組む日立財団では、プログラムにおいて、これからの理工系人財に求められる資質「創造性、探究心、主体性、チャレンジ精神」と能力「問題発見・課題解決力」を設定、これらを総称し「未来をイノベートする力」と定義しました。

子供たちは、学校の課題解決をテーマに、自分たちで設定した課題に対し、長期間チームで取り組むことにより、「問題発見・課題解決のプロセス」を何度もまわしていきます。

本プログラムでは、主体的・協働的な学びを通じて、これら資質・能力の育成をめざします。

プログラムの特長

特長1 科学的思考プロセスに沿って設計された 二部構成のプログラム

フェーズ1

資質・能力の育成・発揮につながるスキルトレーニング

フェーズ2

トレーニングした資質・能力を応用し学校の課題解決に取り組む探究学習

特長2 問題発見・課題解決力を主体的に育む 目標カードのしかけ/成長の可視化

習得すべき目標を段階的に示したカードにゲームの要素を取り込むことで、主体的な能力育成を図るとともに、成長を可視化し、次の目標への意欲を高めます

特長3 課題解決事例の提示とアドバイスを行う 企業講師による出張授業

企業講師による出張授業

企業講師(日立みらいサポーター)が社会イノベーション事業を事例に、実際の課題解決の方法を伝え、児童のアイディアに対しアドバイスし、児童の課題解決のプロセスをサポートします

プログラムの構成

社会をより良く変えるイノベーター

  学校をより良く変えるみらいイノベーター

5年生の君たちには、学校のリーダーとして、より良い学校をつくっていく使命がある。
みらいイノベーターとして、理想の学校に改革しよう!
実施期間:約4ヵ月 授業時間:約14時間(総合的な学習の時間など)+ 児童による自習学習(宿題)
スキルトレーニング(約1.5ヵ月)
探求学習(約2.5ヵ月)
実行
日立グループ社員が企業講師(みらいサポーター)として学校を訪問
※出張授業以外は各学校の教員がプログラム教材に基づいて実施

出張授業 実施レポート(2019年度)

日立市立河原子小学校
(茨城県)
柏市立松葉第一小学校
(千葉県)
立川市立上砂川小学校
(東京都)
戸田市立新曽北小学校
(埼玉県)
PDF
PDF形式
715kバイト
PDF
PDF形式
684kバイト
PDF
PDF形式
729kバイト
PDF
PDF形式
736kバイト

お問い合わせ

公益財団法人 日立財団
「日立みらいイノベータープログラム」事務局
TEL:03-5221-6679 FAX:03-5221-6680