ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

茨城県日立市において、日立財団・日立市体育協会・日立市スポーツ少年団本部が主催する「竹内亀次郎記念杯日立市少年少女スポーツ育成大会」が、今年度も7月27日〜28日にサッカーバレーボール、バドミントン、8月3日〜4日は軟式野球、ミニバスケットボールを開催しました。少子化の影響で参加者が減少しているため、今年度から、隣接する市外の13チームが新たに参加し、軟式野球、バレーボール、ミニバスケットボール、サッカー、バドミントンの5種目に92チーム、1,198名が参加しました。

竹内亀次郎記念杯日立市少年少女スポーツ育成大会を開催

7月27日は、日立市池の川さくらアリーナにおいて、サッカー、バレーボール、バドミントンの開会式を合同で行い、日立財団の石塚理事長から、「私もかつて、本大会に参加するわが子の応援をしたことを、昨日のことのように鮮明に記憶しています。スポーツを楽しんでください。そして、スポーツを通し、地域で子どもたちを育てることは大変重要なことだと思います。お互いの交流をはかり、新しい友達をたくさんつくってください」との開会あいさつがありました。各会場では、家族や友達が大声援を送るなか、選手たちが熱戦を繰り広げました。