ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

理工系女子応援プロジェクト2017
未来をつくるリケジョたち!イベント開催

2017年5月17日 人づくり

理工系女子応援プロジェクト2017未来をつくるリケジョたち!これからのイノベーションに、女子のワガママを。

日立財団は、リケジョの皆さんを応援する色々なイベントを企画・開催しています。
今回は「これからのイノベーションに、女子のワガママを。」をテーマに、ロボット開発に関わるリケジョの先輩からロボットと人間が共存するワクワクする未来について語ってもらいます。また、電子タグ「MESH」を使った楽しいモノづくりワークショップも開催します。

開催日時
:2017年7月22日(土)14:30〜17:30(14:00〜受付開始)
場  所
:東京・護国寺 講談社特設会場(有楽町線護国寺駅すぐ)
対 象 者
:女子中学生・高校生30名/先着順
参 加 費
:無料(交通費などは各自負担でお願いします)
お申し込み
:お申し込みはお友達などと2名まで参加可能(付き添いの保護者・同伴者は最大2名まで参加可能)。
参加申し込みはこちら
参加特典
:参加者全員に「デニムトート」をプレゼント!(保護者・同伴者は除く)
交  通
:地下鉄:有楽町線護国寺駅下車 6番出口から約1分
都営バス:上58(上野松坂屋⇔早稲田)音羽2丁目から約1分
文京区コミュニティバス「B―ぐる」:講談社前下車すぐ
主  催
:公益財団法人 日立財団
協  力
:講談社 Rikejo

プログラム1部 キーノートスピーチ

プログラム1部 キーノートスピーチ

キーノートスピーチ

浅野 優
株式会社日立製作所
システムイノベーションセンタ
知能情報研究部
浅野 優 研究員

<プロフィール>
数学や化学が好きだった高校時代にITの可能性を感じ、大学で情報を専攻。特に次世代のウェブと言われるセマンティックWeb技術に興味を持ち、研究。基礎から応用研究に携われる日立に憧れ、研究職として入社。官公庁のデータ公開やロボットの研究に従事。世界が抱える課題を日立の技術で解決したいと考えている。

スピーチ内容

  • ①こうして、ロボット開発者になりました
  • ②「EMIEW3」の魅力って? ペッパー君はライバル?
  • ③ロボット開発のお仕事って?
  • ④ EMIEW3が人間と共存するために〜ロボットが人間と共存するために何が必要?

パネルトーク内容

  • ① EMIEW3が目指すものってなんですか?
    • ・ EMIEW3の開発で、浅野さんは何を目指しますか?
    • ・ EMIEW3の次のロボットは、どんなロボット?
  • ②女子技術者って楽しいですか?
  • ③イノベーションに、ワガママって必要ですか?
    • ・浅野さんが実現したい(実現してきた)ワガママとは?
    • ・ロボット開発者として感じるこれからの時代に必要なことは?

司会進行

矢部 純代
株式会社エンパブリック
プロジェクト・コーディネーター
講談社Rikejoプロジェクト事務局
矢部 純代

<プロフィール>
物理学科卒の元リケジョ。シンクタンク勤務等を経て、株式会社エンパブリックスタッフ。Rikejoプロジェクトでは、事務局として、中高生のお悩み相談、理系女性のお仕事紹介冊子「Rikejo」の企画、サイエンスイベントやワークショップ開催、理系女性のキャリア支援などに取り組んでいる。大学生リケジョと文系女子高生の母。

プログラム2部 あったらいいなをカタチに MESHワークショップ

企画協力:NPO法人CANVAS

ふだんの生活に、「あったらいいな」をプラスするとどんな便利なことや、どんな面白いことが生まれるでしょうか?たとえば、ドアに人感センサをつけることで自動ドアが生まれました。では、自分の部屋にある椅子やベッド、カフェにある食器やゴミ箱にセンサーがついたら、身近な生活がどのように変わるでしょうか…?!
ワークショップではグループで「あったらいいな」を出し合い、ふだんの生活に電子タグMESHをプラスすることで新しいイノベーションを生み出します。

  • ①導入ロボット〜IoT(5分)
  • ②ITの力を感じよう!(15分)
  • ③コンセプトワーク ―ふだんの生活を楽しく便利に―(20分)
  • ④自由制作(50分)

※「リケジョ/Rikejoは(株)講談社の登録商標です。(登録番号:5304310)」http://www.rikejo.jp
※「MESH」は、ソニーの商標又は登録商標です。