ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

ごあいさつ

理事長 田中 幸二

公益財団法人 日立財団
理事長 田中 幸二

公益財団法人日立財団は、2015年に日立の5つの財団(※)が合併し発足いたしました。5つの財団のはじまりは、1967年から1984年にかけて日立製作所の歴代社長及び副社長が、当時の時代の要請に応え提唱したことに遡ります。

日立製作所は創業以来、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念に基づき、従業員を通じて技術やノウハウを地域社会に伝え、次世代への教育や地域が抱える課題の解決に貢献してまいりました。日立財団もその精神を受け継ぎ、社会が直面する課題の解決に資する事業を展開しております。

近年の科学技術の発展、ITの進展により私たちの生活は豊かで便利になりました。しかしその豊かさの一方で、多様化・複雑化した社会による不安要素が増大しております。日本の教育への公的資金は減少しており、国際社会における大学の競争力は厳しさを増し、子どもたちの理科離れも進んでいます。また、急速に進む少子高齢化・人口減少がもたらす地域コミュニティへの影響も懸念され、高齢者やその他の社会的弱者が安全に暮らせる社会づくりが急務となっています。このような社会構造の変化を踏まえ、日立財団は「学術・科学技術の振興」「人づくり」「地域コミュニティ支援」を中核領域とし、活動を展開していきます。

日立財団は日立グループと社会的課題を共有し、双方の強みを活かした独自の活動を展開することで、社会的な価値の拡大をめざしてまいります。

今後とも、より一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

(※)
 公益財団法人 小平記念日立教育振興財団
 公益財団法人 倉田記念日立科学技術財団
 公益財団法人 日立環境財団
 公益財団法人 日立国際奨学財団
 公益財団法人 日立みらい財団