ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

みちのり

みちのり

日立製作所の財団活動がスタートして2017(平成29)年で50年を迎えました。
この50年の間、社会課題を解決するため、活動の分野ごとに6つの財団が誕生しました。
その後、名称変更・合併をへて現在の日立財団となりました。
それぞれの財団活動がどのようなこころざしではじまったのか。
社会の中でどのような足跡を残し、実を結んでいったのか。
日立財団のみちのりを振り返ります。

日立財団紹介ムービー「The History and The Future」(歩みと未来)

日立財団の歴史と今後めざす姿 「歩みと未来」 をムービーで紹介します。
※内容は2017年時点のものです。

日立財団元会長 川村隆氏インタビュー

2015年4月、日立グループの財団として活動していた5つの財団が合併し、「日立財団」が発足しました。その統合の経緯や、財団の位置付けや役割、そして未来について、日立財団元会長であり2009年から2014年まで日立製作所の会長を務めた川村驍ェご説明します。
※本インタビューは2016年9月に実施したものです。