ページの本文へ

Hitachi

公益財団法人 日立財団

概要

近年、「科学離れ」「理科離れ」が叫ばれる中、ものづくりやイノベーションの基盤が揺らぐことが危惧されており、2015年3月には文部科学省が「理工系人材育成戦略」を発表するなど、日本の次世代を担う理工系人財の戦略的育成が課題となっています。
理工系人財に求められる能力は段階的・発展的に育成されることから、初等中等教育段階から取組むことが重要とされています。
そうした背景を受け、日立財団の注力分野である「人づくり」の柱であり、日立グループ社員を活用した中長期的視野に立った「理工系人財育成支援事業」の一環として、「日立みらいイノベータープログラム」を開発しました。
本プログラムでは、これからの理工系人財に求められる資質(探究心、主体性、チャレンジ精神、創造性)と能力(問題発見・課題解決力)を“未来をイノベートする力”と定義し、この力の育成をめざします。
また、この力を育成するために、「問題を発見する」「仮説を立てる」「計画を立てる」「情報を収集する」「仮説を確かめる」「整理・分析する」「創造する」を7つのKeyスキルとして設定しました。
児童は「理想の学校づくり」をテーマに、自分たちで設定した課題にグループで協働して取り組みながら繰り返しスキルトレーニングを行うことで、“未来をイノベートする力”を身につけていきます。2016年度から5年間で計14校30クラスで実施、1,069名の児童がプログラムを体験しました。

プログラムの構成

プログラム構成

実施
期間
4か月間(2学期)
授業
期間
約14時間(総合学習の時間など)

本プログラムは、フェーズ1スキルトレーニングとフェーズ2探究学習の2部構成です。
(上の図の(1)動機づけ〜(4)最終発表までの全4回が、出張授業です。日立グループ社員が講師としてアドバイスに伺います)

【フェーズ1】スキルトレーニング(約1.5か月)

学校のリーダーとして学校をより良く変えるために、必要なスキルをトレーニングします

  • 総合学習の時間、ホームルームの時間や朝活動、または家庭学習として取り組みます。
  • フェーズ1では、授業2回目にみらいサポーター(日立社員で講師のこと)を迎える出張授業1回目(動機づけ)の本プログラムの導入説明があります。
  • 出張授業1回目以降は、日立財団からお渡しする教材をもとに先生にスキルトレーニング授業を実施いただきます。

【フェーズ2】探究学習(約2.5か月)

フェーズ1で学んだスキルを活かし、理想の学校づくりをテーマに自分たちで見つけた課題を設定し、グループで探究学習に取り組みます

  • 総合的な学習の時間などの8-10時間程度にあてていただきます。
  • フェーズ1でトレーニングしたスキルを応用し、理想の学校づくりに向けて課題を設定し、グループで企画案を考えます。
  • フェーズ2の初回・中間発表・最終報告にみらいサポーター(講師)を迎えた出張授業があります。

教材

▼児童用

児童用教材

▼教員用

教員用教材

▼講師用

講師用教材

出張授業について

日立グループ社員が「みらいサポーター(講師)」として参加する出張授業では、問題発見・課題解決の方法や日立グループの事例を伝えてアドバイスをし、「みらいイノベーター」である児童の成長をサポートします。

プログラム構成

出張授業1回目 出張授業2回目 出張授業3回目 出張授業4回目
PDF
PDF形式
464kバイト
PDF
PDF形式
433kバイト
PDF
PDF形式
529kバイト
PDF
PDF形式
598kバイト

出張授業 実施レポート(2020年度)

戸田市立
喜沢小学校
(埼玉県)
熊谷市立
大幡小学校
(埼玉県)
日立市立
成沢小学校
(茨城県)
かすみがうら市立
下稲吉小学校
(茨城県)
PDF
PDF形式
721kバイト
PDF
PDF形式
648kバイト
PDF
PDF形式
639kバイト
PDF
PDF形式
619kバイト

▼ 過去の実施校一覧

お問い合わせ

公益財団法人 日立財団
「日立みらいイノベータープログラム」事務局
〒100-8220 東京都千代田区丸の内1-6-1
電話 03-5221-6675